Souse 春×春

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛のかたち

<<   作成日時 : 2010/09/26 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

壮絶な愛の末、、、?


はたまた 己のプライドの高さゆえ、、、?



愛のかたちは人それぞれ


気付かぬうちに

心さえ 見失い、、、、、



気付かぬうちに

魂さえをも 見失う、、、、








私の妖怪ブーム、去った訳ではないけど、

今度のマイブームは「霊」。

しかも、、、、、「生き霊」




きゃぁぁぁ〜〜〜〜〜〜っ




(あ、春ちんはそんなコワイ女ではないよっ(爆))







前置き長いですが(笑)


行ってきましたっ


現在、東京国立近代美術館で開催されてる

上村松園 展。


画像




何の知識もなく、ただ漠然と

でも激しい衝撃とともに 惹かれた絵画。

一目惚れっ(←滅多にしない)


(例の、、、(笑)

たまたま、顔を隠すために開いた

開かれた「個展紹介」のページ。)



それを生で観るためにっ




その作品がコレ↓


『焔 (ほのお)』

画像



コワイんだけどね、

哀しいんだよなぁ〜。



実際、目の当たりにしたらね、ジーンってしちゃったよぅっ

しばらく動けなったし。




このモデルになった女性は

『源氏物語』に登場する「六条御息所」というひと。



高貴な身分、美貌と教養 洗練された物腰と

誇りの高さ、、、。

彼女に憧れるたくさんの公達。


しかし、源氏に見初められ深い仲となり(←この濁し方 微妙〜


源氏への

激しく 深すぎる情念と

源氏をとりまく女性への

狂うほどの 嫉妬のあまり

知らずのうちか、、、、、

「生き霊」となって、次々と女達を殺していった、、、、


と されている人物。



真実は解らないけど、

上村松園も、もしかしたら同じ気持ちを

抱いて、

そして、自らが

「何故このような凄絶な画を描いたのか分からない」

と言うくらい

何かへの想いに 自分を重ねて描いた画なのかな。

心、ここにあらず、、、な。


気付いたら、操られてた、憑り依かれてた、、、

みたいな。ね。




女性は、

哀しいね。



現代は、どちらかと言うと女性の方が強いのかな(笑)



この『焔』の画だけ、着物に赤色が使われてなかったのは

とても印象的でした。




生ける人が、「生き霊」となるのは

半端な想いではないはず。


「生き霊」が 一番 コワイっ



と、私は思う(笑)





あ、何年か前に

憑いてると言われた事あるけど。。。



でも、一番強いのはやっぱり、生身で生きてる人間と

人の  自分自身の、強い心だよね。





愛は、時に 狂喜、狂気、恐悸、、、凶器

そして、強毅。




見えないもの。


妖怪も霊も、倒錯と言われる 想いも、、、、、。



そんな哀しい、でも

やっぱり存在して いない事もない もの。




う〜ん、深いぃぃぃ〜〜〜〜〜



いい勉強になりました。




私はこの、素敵な世界と この不思議なことだらけの

世の中、

やっぱり、大好き。






愛が人を狂わせる。


でも、愛は 本当に哀しいものなの






愛深きゆえ、人は


物の怪にも 鬼にもなる、、、


でもね、


愛深きゆえ


人はきっと、、、、、多くを学んで

そして、

きっと きっと





私達に与えられた素晴らしい感情、愛。



正直に、

でも、生き霊にはならず(笑)

感じていきたいです



(私がもし、生き霊になったら、、、

この上なく、恐ろしそう、、、気絶もんだよねっ、、



って、、「うんうん」 って、、、、

そんな事ないよぉ〜のフォロー、全く聞えず、、

我哀し。爆)










嘆き詫び 空に乱るる 我が魂を

 結びとどめよ したがひのつま


By 六条御息所(生き霊)







観れて、良かったぁ〜




素敵な感情を、時間をありがとう



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
上村松園さんの作品に「序の舞」と言うのが
あります。
それを題名にした宮尾登美子さんの小説と
それを元にした映画(主演・名取裕子さん)が
あります。
上村松園さんの人生を描いたものですが
彼女の人生も壮絶です。
この小説を読むか、映画を見れば
この絵が描けた理由が分かると思います。
通りすがりのおっさん
2010/09/26 22:30
通りすがりのおっさんさん☆

コメントありがとうございます♪
そうなんですっ♪

序の舞。
強い意志を持つ女性、
その想いを込めた作品。ですよねっ!!
一つの画に惹かれて、
上村さんの事を学び、そして
改めて素敵だと思った「焔」

彼女自身、未婚の母であったこと。
男性社会の中で、強く生きていかねばならなかった事。

失恋のこと。

同じ女性として、うん、
私が女だからこそ、とても惹かれるんだと思います。

ありがとうございます!!^^@

映像で観るのも、きっと私にとってとてもいい
勉強になることです。
きっと、観ますねっ♪

春×春
2010/09/26 22:57
生き霊って響き、怖いねー(゜ロ゜;
でも春ちんが好きそうな世界かも(笑) 感情的に踊る春ちんが表現するなら、とんでもなく恐ろしくて、そして悲しい切ないものになるだろうな…\(^-^)/

確かに春ちんの生き霊…怖すぎるかも(笑)
優しい春ちんだけどね(*^^*)あの眼力は ホント、怖い。(>_<)って言うより強い!!!!
誉め言葉だよー(*^^*)
春ちんの優しい笑顔も目も知ってるからo(^-^o)(o^-^)o

この画、初めて見たー、作者も初めて聞いたよ…(^_^;)

春ちんはやっぱり本当のアーティストだね♪
とらえかたとか、表現力とか!!
素敵\(^-^)/ ♪
MIKE
2010/09/27 12:40
MIKEちゃん☆

生き霊、、、こわいよねぇ〜〜〜><。。
で、やっぱり私は怖いんかいっ!!!^^;
せつなひ。。。。

あはっ♪冗談っ^^@
コワイ眼力って、いつも言われるけど、、
何でだろっ。^^;
割と殺してる つもりだけどなぁ(爆)
いいの、いいのっ♪
MIKEちゃんみたく、本との私を解ってくれる人が
一人でもいてくれたらっ(笑)

壮絶な物語だよね。。

きっと、このままの形ではやらない。
もっともっと、色んなモノを、色々な思いを
捻じ込んで、形にしていくつもりです♪

あせらずに、ゆっくりとね♪

私も、新聞で見るまで知らなかったんだよ^^;

もっともっと、素敵な世界を表現
そして創っていけるように努力していくよぉ〜!!

いつもありがとう♪
春×春
2010/09/27 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛のかたち Souse 春×春/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる