Souse 春×春

アクセスカウンタ

zoom RSS 妖怪金魚 其のニ

<<   作成日時 : 2013/08/06 18:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さてっ♪

日本橋においての展示会、第二弾!!(*≧∀≦*)




画像




【大妖怪展ー鬼と妖怪そしてゲゲゲー】の巻き♪



画像




丁度アートアクアリウム展の(コレド室町)の真向かい、

三井記念美術館での展示会(*´∀`*)



こちらの館内は流石に高貴な趣があって、

江戸川乱歩の世界に出てきそうな(笑)

綺麗でモダンだけれども どこか怪しげな洋館でした♪



まぁ、私は第一番に殺されそうな役がぴったりですけど(爆)


私が死体で転がっていそうな、、、そんな内観でした♪(←おいっ!!)




今回はこちらがメインでした♪


(アートアクアリウムはついでに行ってきました♪( ^∀^)


妖怪と金魚を一緒くたにしないでクダサイっ!!ヽ(`Д´)ノ

あはっ♪(^∇^)スミマセン

まぁ、一緒の江戸括りと言ふことでぇ♪)




いやぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、、、やっぱりね


壮絶にトキメキました(*≧∀≦*)



3ヶ月くらい前に一目惚れして購入した本の装画にもなっていた


江戸時代は末期の浮世絵師

歌川国芳師の【相馬の古内裏】も観れましたし、

この作品を基とした水木しげるさんの【がしゃどくろ】も見比べられました♪



国芳師【相馬の古内裏】↓




画像



水木さん【がしゃどくろ】↓


画像




(以前、水木しげるさんの展示会も観にいきましたが

繊細なタッチで(線や点)描かれる絵画は本当に素晴らしいです!!)




こちらの展示会では、

絵画を始めフィギュアや本、面や楽器類が展示されていました。





幽霊やら妖怪は古より物語や、絵巻物に描かれていました。


江戸時代に、発達していった出版文化を

(黄表紙・浮世絵・絵暦・瓦版など、、)


背景とし挿絵入の小説、

歌舞伎の隆盛と相俟って様々な作品に登場し、

大流行しました。



北斎師を始めとし、月岡芳年師などなど、、

江戸時代の妖の絵画って、


ただ恐怖心を煽るものばかりじゃなく、

コミカルだったり、時に美しく時に愛らしかったりと、、



当時の人々が持っていた、自然に対する畏れや信仰心、

見知らぬモノへの好奇心や興味を読み取る事が出来ます。




付喪神やら、百鬼夜行絵巻なんて

ちょっと吹き出してしまうくらいコミカルで可愛らしかったっ!!(*≧∀≦*)


妖怪は愉快です♪





妖怪が、自然や動物や器物、荒ぶる神や、異界の魔物であるならば、


幽霊は、人間の念が創り出す怨霊、人間の鬼神・妖怪化であるからして。。






幽霊は、、幽霊絵画は、、、、やはり恐ろしいものが多いですけど(^^ゞ


これは人間の本当の闇なのでしょうから。ね。








あとは【般若面】ね。。


これは凄まじかったぁ。。




付喪神じゃないけど、古いものには、、

更には 念が入り込んでいる【形のある】ものはハンパない!!!


(琵琶や琴といった楽器も、単なる演奏器具では なく、

神を呼び降ろす聖具であるとともに、

亡霊の鎮魂・慰撫のための呪具でもあったと 云われていますしね)




般若って、女性の激しい怨念や嫉妬などを表現した形なのだから

当たり前と言えば当たり前なのでしょうけど。。






正しく夏真っ盛り!

風物詩でもある妖怪、幽霊の展示会は今、

至る所で開催されてるんですね(*≧∀≦*)






画像




次回はパンフレット右の↑

【幽霊・妖怪画大全集】IN 横浜♪


こちらに行ってきます〜〜〜〜〜(*´∀`*)



コチラのほうが、(江戸とは少し離れるけど)幽霊色が強そうなので♪


今度は幽霊について、、しっかり観て感性を養ってきます(*≧∀≦*)♪



私の夏はこれから〜〜〜〜っ!!!!(笑)






実際、

妖怪は 見れなそうだけど、、

幽霊は 見れそうだよね。。



そう思ふ 夏のひと時。




(゚o゚;;。。。。(笑)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
へぇーそうなんだ‼(≧∇≦)
私も勉強になります♪(((o(*゚▽゚*)o)))
もう春ちん、博士だね‼
春ちんのブログ読んでると、勉強になるし感動するし凄い興味を引かれるよ♪妖怪絵画の由来なんて知らなかったし…(((o(*゚▽゚*)o)))
春ちんの繊細な感性なら幽霊とか色々見れそうだね‼

死体でって…(笑)でもイメージが湧いたよ(笑)☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆春ちんなら美しい幽霊とか、美しい死体とか出来そうだもん‼‼
次回ブログも楽しみにしてます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
MIKE
2013/08/07 12:00
MIKEちゃん☆

いえいえ、、私もまだまだ知らない事の方が多いよ^^;だから、日々勉強なのです(^^ゞ
霊的なモノって感じることはあっても、見たことはないからね〜。。ただ、強いものは持っていると思うけど(笑)これにはもう本当に、助けられてます。

私は「美しさ」には程遠いから、、!!(T ^ T)
何か、幽霊や妖怪が醜いって云うのは全く違うのかなぁ〜って思う、感じる今日この頃ですヾ(*´∀`*)ノ

いつもありがとうね♪
春×春
2013/08/10 20:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
妖怪金魚 其のニ Souse 春×春/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる